FC2ブログ

英国の宿 No9 チェックイン制限が厳しい宿

 英国でも屈指の観光地である 古き良き田舎町の

コッツウォルズ地域を、自転車で走るという贅沢な

旅を満喫した一日でした。宿は学園都市として有名

なオックスフォードに泊まりました。
A


ここをクリックすると地図が表示され橙色マーク

をクリックすると、その場所の写真を表示。さらに

写真をクリックすると、写真の原版を表示


 当日のブログはここをクリック

B

宿名 Becket Guest House


 非常にコンパクトな宿で、共用シャワールームで

使用するのを遠慮してしまいました。


 予約のメールは下記で、料金は49ポンドでした。
C

 最近の状況を確認してみますと下のような状況で

平均的な価格の上昇があるようです。
D


 予約のメールの後半で 重要情報でチェックインの

時間が厳しく制限されているのが精神的な負担になり

ましたが、オックスフォードの街をゆっくり楽しめま

した。
E


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
非公開コメント

« 英国の宿 No10 家庭的な雰囲気たっぷりの宿 HOME 英国の宿 No8 優雅な色調の部屋の宿 »

品のいい「田舎」ですね

10月に近い季節でしたのに随分暑かったようですね。ロンドンの傘イメージが感じられないお天気。オックスフォード周辺はさすが名だたる学園都市、宿とお客のお行儀の良さが感じられます。
私はこれまで「Hotelとは滞在を楽しむ場所」と定義し、目いっぱい部屋に居る主義でした。だから、いつもチェックアウトは一番最後。でも最近180°宗旨替えしました。自転車走りは朝の早いうち出発がベター。炎天下の喘ぎ漕ぎをしなくともよい、ということにやっと気がつきまして。それと「ただ寝るだけ」安宿に泊まるようになったせいで。
« 英国の宿 No10 家庭的な雰囲気たっぷりの宿 HOME 英国の宿 No8 優雅な色調の部屋の宿 »

Re: 品のいい「田舎」ですね

 オックスフォードの自転車乗りの若者たちのマナーが良いのには

感心しました。さすが学園都市です。

 一人旅では安宿を「ただ寝るだけ」となってしまいます。家族で

「Hotelとは滞在を楽しむ場所」の旅があこがれです。
プロフィール

amenbohh

Author:amenbohh
 本格的な自転車を手荷物扱い
で運んで、電子地図をたよりに
行ってみたい所へでかける旅行
を65才からはじめました。
 服装は普段着ですが、道具は
いろいろ工夫したものを使って
います。

自転車・カメラ・GPS・地図等
は下記の自宅サーバーで詳細を
ご覧いただけます

電子地図・映像配信

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
ブログ
ブログ
月別アーカイブ
PR

【アルミロード】3500シリーズ SORA A800 ELITE

価格:60,900円
(2013/1/20 16:24時点)
感想(13件)

PR