FC2ブログ

英国の宿 No12 飲み屋のカウンターでチェックインした宿

 山の中の景色を堪能した一日でした。河畔沿い

の観光街の中央にあるバール(飲み屋)とホテル

兼業の宿に泊まりました。
A


ここをクリックすると地図が表示され橙色マーク

をクリックすると、その場所の写真を表示。さらに

写真をクリックすると、写真の原版を表示



 当日のブログはここをクリック

B

宿名 Gales Of Llangollen


 宿に着いて、ホテルのチェックインする場所が判

らず、うろうろした結果飲み屋のカウンターが受付

で愛想の良い若主人が対応してくれました。部屋は

隣棟の2階でした。夕食は混雑しているこのバール

でいただきました。

 予約のメールは下記で、料金は55ポンドでした。
C

 最近の状況を確認してみますと下のような状況で

10ポンド値上がりのようです。
D


 当日は『天空の城ラピュタ』のモデルになったと

言われる城を見て昼食を取り、夕方には宿のすぐ近く

にある『天空の運河』の夕焼けの景色を楽しみました。

下の写真はビデオの一部のためピンボケとなってしま

いました。

E
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
非公開コメント

« 英国の宿 No13 港近くの快適な施設の宿 HOME 英国の宿 No11 教会経営の広々した部屋の宿 »

兼業ホテル

ヨーロッパにはレストランないしバーが経営するホテルが多いですね。値段もそれほど高くないのが一般のようです。「客はいずれその店で食事をして別途にお金を落としてくれる」というのが理由のようです。
私は極力外食を控えスーパー食材で済ますほうですが、そんなホテルではやっぱりそこで食事を摂ってしまうことが多いです。
« 英国の宿 No13 港近くの快適な施設の宿 HOME 英国の宿 No11 教会経営の広々した部屋の宿 »

Re: 兼業ホテル

 夕方まだ明るかったので、宿の付近を散策しました。

食品の販売店は大きな店屋がなく、食材の購入はやめました。

 外食するレストラン・バールも物色しましたが、良さそうな店に出くわさず
宿で食事する事にした次第です。結構な繁盛店でぎゅう詰めと喧騒の中での夕食
で、珍しい体験でした。
プロフィール

amenbohh

Author:amenbohh
 本格的な自転車を手荷物扱い
で運んで、電子地図をたよりに
行ってみたい所へでかける旅行
を65才からはじめました。
 服装は普段着ですが、道具は
いろいろ工夫したものを使って
います。

自転車・カメラ・GPS・地図等
は下記の自宅サーバーで詳細を
ご覧いただけます

電子地図・映像配信

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
ブログ
ブログ
月別アーカイブ
PR

【アルミロード】3500シリーズ SORA A800 ELITE

価格:60,900円
(2013/1/20 16:24時点)
感想(13件)

PR