FC2ブログ

英国の宿 No16 田園風景のリゾートホテル

 天候が大荒れで強風注意報が出ており、出発時

にBBのオーナーより鉄道利用を勧められまし

たが、自走するつもりで出発。しかし途中で危険

を感じて鉄道利用としました。3本の列車を乗り

継いだ一日でした。
A


ここをクリックすると地図が表示され橙色マーク

をクリックすると、その場所の写真を表示。さらに

写真をクリックすると、写真の原版を表示




 当日のブログはここをクリック


B


宿名 Redbrick House



 当時の WEB での所在地情報は正確でなくて、民家

のインターホンを鳴らして宿の場所を確認しました。

 予約のメールは下記で、料金は50ポンドでした。
C

 最近の状況を確認してみますと下のような状況で
 
若干の値上げをしている様子です。
D


3本の列車を乗り継いだ輪行は事前調査はしておらず

駅で分かり易い案内書を作成していただき、助かりま

した。こんな辺鄙な田舎の駅で列車を待つのは少々

不安な気持ちでした。
20170712E.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
非公開コメント

« 英国の宿 No17 オープンな長屋風の宿 HOME 英国の宿 No15 豪華な個人住宅での古都の宿 »

大荒れだったんですね

Amenbohhさんが自走を諦めるほどの風とは、本当に大荒れだったんですね。それにしてもたかが直線100km、乗車時間1時間半の乗車で5000円(当時レート)近い運賃とは。高いですね。
20年以上前の話ですが、やはり英国で同行の妻にせがまれ、1等車に乗ったことがあります。でも余りにも空いていて、かえってわびしく感じたことを憶えています。それよりは自転車も置け隣席とのコミニュケーションも可能な普通車両がいいですね。日本人サイズにはシートのゆったり度も十分ですし。
« 英国の宿 No17 オープンな長屋風の宿 HOME 英国の宿 No15 豪華な個人住宅での古都の宿 »

Re: 大荒れだったんですね

 右後ろからの、強い突風でハンドルを

とられ、直進できない状況でした。

 乗り換えの情報伝達のサービスが親切で

感心しました。
プロフィール

amenbohh

Author:amenbohh
 本格的な自転車を手荷物扱い
で運んで、電子地図をたよりに
行ってみたい所へでかける旅行
を65才からはじめました。
 服装は普段着ですが、道具は
いろいろ工夫したものを使って
います。

自転車・カメラ・GPS・地図等
は下記の自宅サーバーで詳細を
ご覧いただけます

電子地図・映像配信

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
ブログ
ブログ
月別アーカイブ
PR

【アルミロード】3500シリーズ SORA A800 ELITE

価格:60,900円
(2013/1/20 16:24時点)
感想(13件)

PR