FC2ブログ

スペインの宿 No9 辺境の港街 ガリシア ヒホン に宿泊

 スペイン北海岸の辺境の地は自転車での走行は

日程的にも厳しいので、鉄道を利用して距離を稼

いだ計画としました。アルタミラ洞窟はどんな所

にあるのか、今どうなっているのかを現地確認す

る事にしました。その後はヒホンという港街まで

半日電車での移動でした。

A


ここをクリックすると地図が表示され橙色マーク

をクリックすると、その場所の写真を表示。さらに

写真をクリックすると、写真の原版を表示



 当日のブログはここをクリック

B


宿名 Hotel Valdés



予約状況は下記のようでした。
C


 朝食は無しでの予約で、割安な感じでした。昼間は

賑やかな場所のようですが、日没後に暗くなってから

到着すると、GPSは正確でしたが入り口の確認は難

しいものでした。

 最近の状況を確認してみますと下のような状況で

宿泊費は1割程値上がりしているようですが、一人旅

には便利な宿です。

D


 アルタミラ洞窟は丘陵地帯にありましたが、展示館

が ポツリとありました。洞窟の壁画は、劣化防止の

ため現在は非公開のようです。
E



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
非公開コメント

« スペインの宿 No10 街道沿いの観光施設風の宿 HOME スペインの宿 No8 のどかな観光主体の港町に宿泊 »

アルタミラ、興味あったのですが…

折角足を延ばしたのに非公開だったとはガッカリでしたね。
近くのトレラベガには現役時代の兄弟工場があり訪問を夢見たところ。当時の上司がそこに出張の際、アルタミラに連れて行ってもらい洞窟に入った、と自慢しておりましたのでどんなところかと興味を抱いてました。
私はすぐ近くの中世観光都市、サンティジャーナデマルの巡礼宿に泊まりましたが、アルタミラはアップダウンの先にあるような感じがして結局パス。良かったのか悪かったのか?
ヒホンは私の眼には大都市。敬遠し、その先の工場街アビレスに泊まりました。
« スペインの宿 No10 街道沿いの観光施設風の宿 HOME スペインの宿 No8 のどかな観光主体の港町に宿泊 »

Re: アルタミラ、興味あったのですが…

 非公開は薄々予想していましたが、正確な場所が

知りたいと思ってナビの指示でうろうろしましたが

結果はダメでした。

 ヒホン は周囲に町が無いのに ポツンと大きな

町があるという印象で、確かに大都市ですね。

早朝 港を散策していたら、一斉に街灯が消灯して

びっくりしました。
プロフィール

amenbohh

Author:amenbohh
 本格的な自転車を手荷物扱い
で運んで、電子地図をたよりに
行ってみたい所へでかける旅行
を65才からはじめました。
 服装は普段着ですが、道具は
いろいろ工夫したものを使って
います。

自転車・カメラ・GPS・地図等
は下記の自宅サーバーで詳細を
ご覧いただけます

電子地図・映像配信

最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
リンク
ブログ
ブログ
月別アーカイブ
PR

【アルミロード】3500シリーズ SORA A800 ELITE

価格:60,900円
(2013/1/20 16:24時点)
感想(13件)

PR